読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすたぴのブログ

astap(あすたぴ)のブログ

プログラミングを魔法だと思っていた

昔、すごいプログラムだったりすごいシステムを魔法のように感じていた。 自分には全くどうやっているのか想像がつかなかった。 今からすると、なぜ魔法だと思っていたのかなっと思って、考えてみた。

フレームワークなんて、よくわからずにアクションを書いたら、 なぜかテンプレートに移動して、テンプレートを書くとブラウザにHTMLが表示された。 特定のURLを叩いたときに、特定のActionが呼ばれる理由もわからない。 そこにあるのは命名ルールだけだった。 特に疑問も持たずにルールに沿ってプログラムを書いて、 なんとなく画面が表示されてた。 プログラミングは辛かった。 もともとあるプログラムをコピペしていじって、なんとなく作っていた。 新しいものは作れない。自分にはわからない魔法だから。

ここまで読んでわかったヒトもいると思うけど、おれが触っていたのはJavaだった。 正直いまでもJavaはわからない。あれ以降やってないから。 Javaが苦手だったのは、外部ライブラリのコードが読みにくいから。 jarに固められた状態で手元に渡ってきて、その状態でなんとなく使う。 ドキュメントもあんまりないイメージだった。 jarという圧縮ファイルのブラックボックスだった。 たまに、逆コンパイルでコードを読んだりもしたけど、全然楽しくなかった。 なんで、わざわざ固められているものを戻して、解読みたいなことしてんだろって。 たぶん、これは自分の知識不足なだけで、きっと、元ソースもどっかにあったんだろうし、きっと、ドキュメントも探せばあったんだと思う。Javadocが。

そういう経緯があって、phpを触ったときはコードを奥深くまで読み進められるのが嬉しかった。 この頃から少しずつ、魔法ではなくなってきたかもしれない。

あるときちゃんと魔法に向き合おうと思ってコンピュータサイエンスとかhttpの仕様とか学ぶようになった。 そこからは、いろいろなことがクリアになったと思う。 蓋を開けてみれば、魔法だと思っていたことが実は泥臭いコードの塊だったり、 簡単なプログラムをうまく組み合わせることで魔法のように見えていただけだったりした。

魔法が魔法ではなかったと気づいた時から、仕組みがわからないものは仕組みを理解するように心がけるようになった。 そうした事を続けていると面白いことに、初めて触るライブラリやツールでも、 こういう機能がたぶんあるはず。こういう風に使うといいはず。 内部的にはたぶんこうなってるんだろうな。 みたいな事がなんとなくわかるようになっていた。 今はプログラミングはすごく楽しい。

自分のように、わけもわからずコードを書いている人がこの世にはまだいっぱいいると思う。 そういう人たちにも、プログラミングが楽しめるようになってほしい。