読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あすたぴのブログ

astap(あすたぴ)のブログ

hashicorp otto で ruby & mysql 環境構築

プログラミング otto ruby

f:id:astap:20151006152926p:plain

otto ではotto compile時に自動でアプリケーションのタイプ(言語等)を判別する機能がある。 Ruby 環境の判別基準は以下。

  • *.rb のファイルがある
  • Gemfile がある
  • config.ru がある

自動判別ではなく、明示的にRubyであることを伝える方法もある。 以下のようにAppfileを作成する。

application {
    name = "test-app"
    type = "ruby"
}

これで、otto compile時にRubyと判別されるようになる、

ottoでRubyアプリだと判断した場合に、 自動でRubyアプリに必要なミドルウェア、ライブラリ等を含めた上でVMを立ち上げてくれるわけだが、 Rubyに必要なモノはなんなのか? デフォルトで入るモノは以下。

また、Rubygem installに必要なライブラリ等も入っている。(libxmlとか) 以下のように記述することで特定のversionを指定することもできます。

customization "ruby" {
    ruby_version = "2.1"
}

mysql を含めたtype rubyvm作成

otto では dependency として別でcompileしたAppfileを含める事ができる。 以下は、type docker で、mysqlを起動するAppfileを依存として記載している。 (このやり方が正しいのかはわかりませんが、好きではない・・・。)

application {
    name = "test-app"
    type = "ruby"

    dependency {
        source = "github.com/tamai/otto-mysql"
    }
}

以下のコマンドでvmを作成

otto compile
otto dev

作成されたvmに入ります。 残念ながら、mysqlクライアントは入らない為、手動で入れます。

otto dev ssh
sudo apt-get install mysql-client-core-5.5

以下のコマンドでdb接続可能

mysql -h 172.16.1.92 -u root -p

IPアドレスは以下のコマンドで確認可能。

otto dev address